ほとんど不可能?

つまり自賠責から見て、受傷内容に応じた十分な治療を行ったかということもしっかり客観的に審判されることになります。後遺障害の等級認定のために、その交通事故被害が、医学的に証明することが出来るかという問題とも関わって来ることになります。

レントゲンやMRI・CTでの画像で異常所見があれば、医学的には証明出来たということになるのではないでしょうか。しかしここで画像所見と症状の因果関係について更に追求していかなければなりません。医学的に推定する事が出来たら、後遺障害の等級は獲得することが出来ると考えることが出来ます。

交通事故被害は、レントゲンやMRI・CTで異常が確認できないというケースも結構多いと言います。そのような場合、医学的推定が出来るようにするためには通院状況・治療内容などのことを総合的に勘案し認定のために対処をしなければならないことになります。

そのとき医学的推定と認定される為に行うと不利になってしまうことはなんなのでしょうか。交通事故被害に遭った人たちは、頭がパニック状態になっているまま、そのような難しい問題に取り組んでいかなければなりません。はっきりと言えば、そのようなことは不可能とも言えるのではないでしょうか。