交通事故被害の認定

肩の動きが半分以下という症状が何年も今後続く可能性だって充分考えることが出来ます。しかしそれでも後遺障害として認めてもらうことが出来ないという悲劇に遭遇している人たちが大変多くいます。交通事故の被害者というのになぜ、そのようなつらい試練に遭遇しなければならないのでしょうか。

しかしこれが現実であり、交通事故の被害者は等級認定を受けるために将来においても回復困難な事を説明しなければなりません。

後遺障害診断書に「回復は難しい」と書いてあるだけでは、後遺障害の等級を取ることが出来ないのです。 回復が難しいと思われる障害が具体的に後遺障害の等級に認定されるためには、症状固定日までの通院加療・症状の推移などで判断されることになります。回復が難しいとしいうことを具体的に証明して、充分な治療を行ったものの、治療の効果を期待することが出来ないということを、後遺障害を申請する時に説明出来る資料を提出することも必要とされています。

そこでは主観的に物事が語られても全然意味がないのです。その交通事故被害は、客観的に捉えられてどうかということが審判される課題であり、ここがやっぱりなかなか交通事故被害の厄介な部分ではないでしょうか。