後遺障害の等級

交通事故にあって被害者となってしまった場合、後遺障害認定というものと向きあうことになるかもしれません。 その認定基準として、交通事故被害に遭った症状が何級に当たるのかということが、等級表によって細かく細分化されています。たとえば受傷後6か月で、診断書を作成した時に肩の動きが正常の半分以下になってしまったと記載されたとします。 診断書の内容をそのまま認定の基準で考えるのなら、10級に該当するのかもしれません。しかしそこで既に等級が認められたということではありません。

認められるためには、実際に肩の動きが半分以下という症状があったとしても、大前提の基準をクリアしなければならないのです。 肩の動きが半分以下という症状が実際にあったとしても、等級を認めてくれないという非常に理不尽な思いをしている人たちも多くいます。

交通事故に遭ってしまって、私達ははじめての体験にほとんどパニック状態になってしまっているのではないでしょうか。身体に障害を負ってしまい、プラスα法律の専門用語とも向きあうことになります。そのとき、ほとんど素人同然の人たちがまともに等級と向きあうことが出来ないというのも起こりうる事実です。

そのとき、交通事故被害に遭ったみなさんが取るべき方法とは、取り敢えず法律のプロフェッショナルにお願いすることではないでしょうか。法律のプロフェッショナルに相談しようというモチベーションを最初に持つだけで本当に救われることが多くあるはずです。